ユニバーサルデザインお越しいただいた皆様に楽しんでいただくように

ユニバーサルデザインとは、ユニバーサル=普遍的な、全体の、という言葉が示しているように、「すべての人のためのデザイン」を意味し、年齢や障がいの有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすることをいいます。
この言葉や考え方は、1980年代にノースカロライナ州立大学(米)のロナルド・メイス氏によって明確にされ、7つの原則が提唱されています。

ユニバーサルデザインの7つの原則

  1. 誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
  2. 柔軟に使用できる(自由度)
  3. 使い方が簡単にわかる(単純性)
  4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
  5. 間違えても重大な結果にならない(安全性)
  6. 少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
  7. 使うときに適当な広さがある(スペースの確保)
ユニバーサルデザインイメージ

バリアフリートイレMAP

バリアフリートイレの場所と対応している施設を紹介します。

詳細はこちら

医療機関

医療施設

休日、夜間、急患診療対応医療機関となっている病院を紹介します。

詳細はこちら

公共交通

公共交通

車いす利用者の方にも楽しんでいただける公共交通バリアフリー化の取り組みについて紹介します。

詳細はこちら

モデル観光プログラム

ユニバーサルデザイン対応
モデル観光プログラム

ユニバーサルデザイン対応の体験プログラムについて紹介します。

詳細はこちら

パンフレットダウンロード

パンフレットダウンロード

富士河口湖町ユニバーサル観光ガイドパンフレットをダウンロードできます。

ダウンロード