交通情報 緊急情報 今日の天気 週間天気 気象観測データ
マイプランに追加
最近見たリスト マイプランを編集 マイプランとは

トップページ 特集5月6月


春の訪れが他の地域よりも少し遅い富士河口湖も5月に入ると温暖になり、つい陽気につられて湖畔を散歩したくなるようなさわやかな空気が町全体を包みます。周りの山々も新緑が目立ち様々な緑のコントラストが目を引きます。

富士桜と芝桜

 

 この時期、各地では桜の季節も終わり、春から夏にかけての準備が着々と進みますが、富士河口湖ではまた違う桜が見頃を迎えます。
この時期見ごろを迎える芝桜です。
今年も「富士芝桜まつり」は、首都圏最大級の約80万株もの芝桜の群生がお楽しみいただけます。 赤・白・桃色の絨毯と富士の美しい風景をご覧ください。
また会場では「富士山うまいものフェスタ」を開催しています。B級グルメや地元の郷土料理を味わえます。

「青木ヶ原樹海ネイチャーガイドツアー」がおすすめ

 また、新緑の富士河口湖を存分に楽しみたいという方には「青木ヶ原樹海ネイチャーガイドツアー」がおすすめ。富士河口湖町認のネイチャーガイドが富士山の樹海に広がる自然を魅力たっぷりにガイドしてくれます。コース・時間は、お客様の予定にあわせて決めることができる「予約ガイドコース」(2日前までに要予約)と、レトロバス西湖線がコウモリ穴に到着してから毎時5分後に出発している「定時ガイドコース」の2種類。予定にあわせて2つのコースを使い分けてください(いずれも有料)。
 春を迎え活発に活動する動物たちや、芽吹き始めた植物たちに出会い、心も体もリフレッシュしてみてはいかがですか?
 お問い合わせは 西湖コウモリ穴案内所 0555-82-3111

「本栖公家行列」

 

 また、この5月には本栖湖エリアで伝統的な行事も行われます。300年もの昔からこの地域に伝わる「本栖公家行列」というお祭りで毎年5月17日に開催。江戸時代に地域の若者の士気を鼓舞するために始まったと伝えられ、大名や近侍(きんじ)、徒歩(かち)などそれぞれに扮した地元の方達が国道沿いを練り歩きます。奴(やっこ)の掛け声や槍を小気味よく操る姿は、見応え十分。歴史に培われたこの地域ならではのお祭りです。

「西湖ロードレース」と「L'英雄(ル・エイユウ)」

西湖では「西湖ロードレース」を開催。穏やかな西湖畔を舞台に全国各地から集まったランナー達が日ごろの健脚を競います。
西湖ロードレースは西湖の湖畔道路をメインに「2周コース<20km>」、「1周コース<10km>」、「4kmコース」、「3km(親子ファミリー)コース」の4種目にわかれ、4,000名のランナーが初夏の西湖を疾走します。 アップダウンも少なく、ロードレース初心者にも最適のコースで、今年は6月16日(日)に開催。さわやかな空気の中を走るランナーの姿を見ていると、きっと一緒に走りたくなってきます。当日は西湖湖畔周辺で交通規制がございますのでご注意ください。

イタリアのトスカーナ州で行われている伝統的な自転車イベント「L' Eroica(ル・エロイカ)」の姉妹イベントとして、本年初めて開催される「L'英雄(ル・エイユウ)」。
世界遺産登録を控えた富士山を仰ぎながら、古くて新しいスタイルの自転車イベントとして5月19日(日)にスタートします。
ヴィンテージ自転車を愛する仲間と楽しく走りながら、自然景観保全につながるイベントをぜひお楽しみください。


「河口湖ハーブフェスティバル」

さわやかな気候ですごしやすかった5月も終わり、夏の景色がだんだんと漂い始める6月になると富士河口湖で最大級のイベント「河口湖ハーブフェスティバル」が6月21日(金)から7月15日(日・祝)まで開催されます。
本年リニューアルするメイン会場の八木崎公園を中心に町中がハーブで満たされます。

 


「河口湖=ハーブ」のイメージとしては紫色のラベンダーを連想される方も多いと思われますが、メインの会場の「八木崎公園」、サブ会場の「大石公園」にはそれ以外のハーブもたくさんあります。 ハーブティーなどにも用いられ、黄色い小ぶりの花がかわいい「カモミール」や、食用にも用いられ一般的にも有名な「ミント」などたくさんのハーブが河口湖の初夏を彩ります。

このように初夏も見所満載の富士河口湖町へぜひお越しください。