本栖の城山

本栖湖の北西に位置する烏帽子岳から青木ヶ原樹海に向けて半島状に南東にせり出した尾根上に本栖の城山は築かれている。
現在は堀切や石積みなどの遺構が残るのみであり、この山城の築城時期、営城期間などは明確ではないが、中世戦国期武田信玄から勝頼の時代にかけて運営され、甲駿両国の境目に築かれた国境警護の城であったとする見解が有力である。
山すその尾根上の細長い平坦地を最大限に利用し、そこに主郭以下いく筋もの堀切などを施して防備を固めた天然の地形を利用した要害であり、典型的山城といえる。

その他の写真

城山

城山

城跡から見る富士山

城跡から見る富士山

城跡実測図

城跡実測図

アクセス

※河口湖駅からの送迎:不可

バス路線
鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス 石塁入口
新富士駅~富士山駅 上九一色中学校入口
下部温泉郷~富士山駅 上九一色中学校入口

観光施設・活動のジャンル

施設情報

ペット同伴:可  

利用料金等

2016年08月18日 現在の情報です

観光情報検索

富岳百景