円通寺庫裏

現在の庫裏は明治8年(1771)の再建になるものである。
庫裏は元来寺の厨房の呼称であるが、転じて住職や家族の居住用建物を指すようになった。 この庫裏は桁行13間・梁行6間の大規模建築である。屋根は茅葺き(平成5年被覆)の入母屋造りで東面する妻入りである。中央に太い柱を配し、南より2間目に基準柱間より広い出入口を開き、大戸を建て込んでいる。他は堅板壁である。妻飾りに懸魚を下げ、中心に六葉を打ち、降懸魚も配している。

アクセス

河口湖駅より徒歩10分。または路線バス甲府行きまたは大石プチペンション村行きで「河口湖商店街」下車。
※河口湖駅からの送迎:不可

高速道路

【中央自動車道】
河口湖I.Cより 約3.1km 一宮御坂I.Cより 約23.4km 甲府南I.Cより 約35.5km 
【東富士五湖道路】
富士吉田I.Cより 約3.1km 
【東名高速道路】
富士I.Cより 約51.2km 

バス路線

【新富士駅~富士山駅】
河口湖商店街
【下部温泉郷~富士山駅】
河口湖商店街
【西湖民宿~富士山駅】
河口湖商店街
【芦川農産物直売所~富士山駅】
河口湖商店街
【甲府駅~富士山駅】
河口湖商店街

観光施設・活動のジャンル

施設情報

ペット同伴:不可