西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.343
photo


3月6日(日)  曇りのち雨


見晴らし屋で1月29日からは始まった
「絵手紙交流展」が
見晴らし屋
本日最終日を迎えました。
企画展終了を惜しむかのように
今年も雨となってしまいました…。

見晴らし屋に絵手紙の花咲かせましょう!
と始まった企画。
今年も多くの作品とともに
交流会
多くの作者の方々との交流の場を持つことができました。
交流会
絵手紙を始めるきっかけは様々ですが、
印象に残ったのは
病気を克服され
「絵手紙は人と人、心と心をつなぐもの」
と言う思いを行動につなげ
元気なうちに多くの方との出会いを大切にしようと
県内外に出向かれている方のお話でした。
私もこれからの人生に
何かよりどころとなるものを見つけたいと
思う瞬間でした。

絵手紙交流展が第5回、第6回とつながり
多くの作品が出品されると同時に
作者のみなさんの交流の場となるお手伝いができれば
嬉しい事だと思います。