西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.342
photo


2月20日(土)  曇りのち雨


雨の予報とはわかっていますが
傘をさすお客様を見て
降り出すのはちょっと早くないかしら…
そんな風に思ってしまいます。
救われるのは
「雨の茅葺屋根も風情があっていいですね」
というお客様からの声。
確かに情緒あります。

1月から始まった燻煙作業。
今日は大きな屋根をもつ「ごろ寝館」。
ごろ寝館
普段は屋根の横から出る煙も
燻煙
今日は屋根そのものから煙が上がっていました。
燻煙
雨は降っているものの風がないため
横に流れずに真上に上がったとのこと。
たちこめる煙を見ながら
ますますマッタリとしてしまいました。

今年もまた燻煙作業で
茅葺きが元気を取り戻しました。
今季の燻煙作業、2月は明日でいったん終了。
3月1日から再開されます。