西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.334
photo


12月23日(水)  曇り


今にも泣きだしそうな空模様…。
くつろぎ屋
せっかくの祝日なのに
ちょっと残念のような気がします。

今日は冬の風物詩「削り花」の実演を行いました。
削り花
「削り花」とは
元々花の咲かない冬期に
神社や道祖神に豊作祈願で奉納したり、
先祖供養で墓前にお供えしたことが由来とされています。
節の無い木を削り、花に見立てて飾ります。
削り花体験
そんなちょっと珍しい体験を
今回企画してみました。
師匠
師匠の「脇をしめて!」というアドバイスに
弟子?!
体験された弟子?!の皆さんは
素早く反応し、
「夜まで続ければ師匠になれるかも?」
なんて、お墨付きをいただいていました。

「削り花」の実演は
今週末の26日(土)と27日(日)にも予定しています。
美しい手仕事、実際にご覧ください。
この先もずっと受け継がれていく伝統であればと思っています。