西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.329
photo


10月31日(土)  曇り


富士河口湖町内では
紅葉まつり(こうようまつり)が始まりました。
秋を満喫するイベントです。
いやしの里内も
深まる秋
秋の深まりを感じてきました。
深まる秋
庭先の柿の木にも
たくさんの実っています。

そんな秋の深まりを感じる今日、
様々なオカリナたち
オカリナの演奏で「芸術の秋」を楽しんでいただきました。
癒しの音色
町内在住の野崎峯子さんの伴奏にのせて
演奏に花を添えて…
富士吉田市在住の舟久保せつ子さんが奏でる
オカリナの音色がが響き渡りました。
響き渡る音色
季節にちなみ
「里の秋」「小さい秋みつけた」「秋桜」などが演奏されました。
オカリナでもこんな曲が演奏できると言って
運動会でおなじみの
「天国と地獄」も演奏されました。
今まで演奏するのは難しかった
クラシックやジャズなどを演奏できる楽器も
作られているそうです。
最近オカリナを習い始めたというお客様が
演奏会終了後、演奏者の方と雑談される姿も見受けられ
小さな交流の場となっていました。
演奏者と観客が一体となった演奏会、
アットホームな雰囲気がさらに心地よく
おだやかな週末となりました。

10月31日と言えば
そうです!「ハロウィーン」
地元の子ども達がここいやしの里にも訪れました。
地元の子どもたち
最後に
いやしの里産のジャンボカボチャと記念撮影。
ジャンボカボチャと一緒に…
ほのぼのとした一日の締めくくりになりました。

明日の日曜日は
河口湖産古代米を使ったお餅つきが行われます。
明日は「味覚の秋」で
秋を満喫していただくのはいかがでしょうか?