西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.276
photo


1月10日(金)  晴


今季一番寒い朝を迎えました。
これから毎日、毎日
「今日が一番寒いね」
という会話になりそうです。

今日は小正月の風物詩
「だんごばら」を作りました。
だんごばら作り
だんごばらは
やまぼうしの木の枝に
餅や団子をつけて
五穀豊穣を祈願する飾りで
特に
養蚕地域では「繭玉」と称し
繭を形どったものを飾ったそうです。
「お蚕さんがすくすく育ちますように」
そんな思いを込めて飾ったのでしょうか…。
飾り付け
「今年も多くの方にお越しいただき
お客様の笑顔の花が咲きますように」
そんな思いを込めて、
お団子をさしていきました。
完成!
くつろぎ屋をはじめ
各建物に飾ってあります。
小正月の風物詩

このような風習は
年々少なくなっていくように感じますが
その意味を知ると
微力ですが、
後世に伝える役割を果たせればと思います。