西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.268
photo


10月13日(日)  晴


10月も中旬というのに
秋の気配がまだ遠くのように感じます。
これから深まる秋?!
ススキを入れた画像、
ススキと富士山
かろうじて
秋の雰囲気を感じていただけているでしょうか?

今日は毎年恒例
「いやしの里の収穫祭」
が行われました。
地元産古代米を使ったもちつきは
古代米もちつき
いやしの里の定番行事になり、
古からの使者?!
今日は可愛い古からの使者が見守ってくれ、
古からお手伝い?!
さらに忍者までが、お手伝いをしてくれました。
つきたてのお餅は
あんこときな粉をまぶして販売。
秋の味覚!
この他にも
きのこ汁やいやしの里の畑産の
蒸かしイモも用意しました。
まさに秋の味覚です!
「旬の食材を食し、元気に過ごせますように」
縁起物?!
獅子舞に噛んでもらい喜んでいる大人を見て
エイッ!!
「頭にかみつくなんて、何てことをするんだ!!」
と、とっても勇敢に戦う少年がいました。
ちょっと弱気になった獅子舞は
興味津々?!
魚釣りを楽しむ少年の方へ…。
魚釣りに夢中になって、気づいてもらいえない獅子舞は
寂しそうに、
その場から立ち去って行きました。

味覚の秋に加え、芸術の秋、
茅葺民家と日本芸能
尺八の演奏を楽しんでいただきました。
尺八演奏会
「情熱大陸」「天空の城ラピュタ」「コンドルは飛んでいく」など
現代曲を尺八とエレクトーンで表現。
異色のコラボレーション、
ちょっぴり新鮮でした。

周囲を見渡すと
少しずつ色づき始めている木々。
柿の実も葉の間から見え隠れしています。
一見、秋が始まったばかりと思いがちですが
草木は季節先取り、
いち早く移ろう季節を感じているようでした。