西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.267
photo


10月6日(日)  曇のち晴


昨日の寒さがこの先も続くのかと思いきや、
太陽が顔を出したと思ったら
急に暖かくなりました。
コスモスが青空に映えています。
コスモス
今日は
野崎峰子さんの伴奏による
舟久保せつ子さんのオカリナ演奏会が行われました。
オカリナ演奏会
小さな楽器から鳴り響く音色が
オカリナ演奏会
茅葺民家の吹き抜けに響き渡りました。
午前の部では
富士山世界文化遺産登録を記念して
「富士の山」から始まり
「里の秋」「赤とんぼ」など
季節を感じる曲を中心に演奏されました。
「赤とんぼ」は
全国で一番演奏されている秋の曲なのだそうです。
午後の部では
小さなお子さんがいたので
映画トトロの「さんぽ」から始まり、
「川の流れのように」「学生時代」「大きな古時計」
などの耳なじみの曲、
午後の2度目の演奏会では
「トルコ行進曲」「情熱大陸」など
クラシックから現代曲まで
幅広い演奏曲になりました。

現代曲の演奏を可能にしたのは
10種類の楽器
10種類ある楽器の中で
吹き口が3つある『トリプレット』という種類ができたおかげ。
通常の2倍の音域の演奏が可能になったそうです。
楽器の説明
楽器のなりたちや説明を聞いたら、
小さな楽器ですが、
奥深さを感じました。

来週13日(日)は
『いやしの里の収穫祭』。
古代米のお餅つきやキノコ汁、蒸かしイモなど
秋の味覚の提供で食欲の秋を、
尺八の演奏で芸術の秋を演出します。

ますます深まる秋を
皆さんはどのように過ごされるのでしょうか…。