西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.252
photo


5月19日(日)  曇


里内からの富士山
週間天気予報では雨マークだったのに
天候が回復して喜んでいたのもつかの間
4月に逆戻りしたような
冷たい風を感じる一日でした。

そんな中、
ヴィンテージ自転車ミーティング「L'英雄(ル エイユウ)」
が行われました。
「L'英雄(ル エイユウ)」は
かつて未舗装路を、その苛酷さをものともせず
走り続けた先人の「英雄」たちに敬意を表して行われる
イタリアのヴィンテージ自転車イベント
「L'Eroica(エロイカ)」オフィシャル姉妹イベント。
単なるレースイベントではなく
ヴィンテージ自転車を愛する仲間と
楽しく走りながら先人たちの伝説を継承し、
さらに
世代や国境を越えたコミュニケーションや
自然景観保全の意識を高める場を提案しているようです。

今日のコースには
ここいやしの里も含まれていました。
『楽しく走る』
を象徴していた出来事、
9時にスタートした50キロコースの選手の一番手の方、
選手通過
カメラを向けるとVサインしてくれました。
茅葺屋根越しの富士山のビューポイント
「ふじみ橋」を通過するときには、
選手通過

選手通過
レース中ではありますが、
富士山の景色を
ふじみ橋より

ふじみ橋より
ご自身のカメラにおさめたり、
着物でお出迎えしている
選手激励
イタリアのご婦人方と記念撮影したりと
記念撮影
ほのぼのとした風景も見られるイベントでした。

イベント開催中、
心配していた天候も崩れることなく終了。
薄らとではありますが、
富士山がずっと見守ってくれました。
ふじみ橋からの富士山