西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.250
photo


5月4日(土)  晴


ゴールデンウィーク後半2日目。
例年、5月に入ると
もっと暖かかったような気がするのは
私だけでしょうか?
富士山
こいのぼり達も
朝晩の寒さに負けず
こいのぼり
気持ち良さそうに泳いでいます。

現在開催中の「端午の節句」イベント」
今日も里内各所で賑わいました。

Eせせらぎ屋では、
ススキの葉っぱを使ったバッタ製作実演と体験。
ススキ細工実演
こんなにリアルです。
ススキのバッタ
お隣では
山梨県の伝統工芸品
スズ竹ザル作り実演
スズ竹ザル作りの実演がご覧いただけます。
富士山の二合目に自生するスズ竹を使った竹ザル作りは
江戸時代からつたわる伝統工芸。
手作りのぬくもりが伝わってきます。

Dくつろぎ屋では
大正琴演奏会
町内で活動をしている「栞の会」のメンバーによる
大正琴の演奏会が行われました。
タイプライタをヒントに発明された弦楽器
大正琴
なるほど…と納得です。
山梨県と言えばこれ"武田節”や
"さくらさくら”“いい日旅立ち”など
様々なジャンルの曲目に
お客さまも
ヤギ達も?!
陽だまり
聴き入っていました。

ちびっ子広場では
古代米の餅つき
いやしの里恒例
地元産古代米を使ったお餅つき。
杵と臼を使う餅つきに皆興味津々。
大人から子どもまで
よっこいしょっ!
多くのお客様が手伝ってくれました。
つきたてのお餅は
あんこときな粉ををまぶして販売。
つきたてのお餅を目当てに大行列。
大行列
待ちに待ったお餅に
お待ちかね
笑顔がこぼれていました。

明日は立夏。
新緑の里
奇跡的に
桜の花が残っている木がありますが、
これからは
新緑が鮮やかになっていくことでしょう。