西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.245
photo


4月6日(土)  曇のち雨


新年度が始まった
最初の週末なのに
荒れ模様の天気になってしまいました。

4日から始まった見晴らし屋企画展
「幸せのふくろうがいっぱい展」では
様々な素材の「ふくろう」が飾られています。
幸せのふくろうがいっぱい展
「ふくろう」は
知恵袋で学問の神様
不苦労と書き苦労知らずともたとえられ、
長寿な鳥で不老長寿で長生きできると喜ばれ、
首が三百六十度回ることから商売繁盛につながり
福籠では福が籠るとされ縁起のよい鳥とされています。

今日は、
静岡県富士宮市の富士花鳥園から
ふくろうが応援に来てくれました。
モリフクロウの「タケちゃん」と
モリフクロウ
ベンガルワシミミズクの「アトムくん」。
ベンガルワシミミズク
こんなふうに
腕乗せ体験
腕にのせてふれあうことができます。
ふくろうの目を保護する為
フラッシュ撮影はご遠慮いただいていますが、
お手持ちのカメラで
記念撮影することもできます。
1回300円。
今後、4月13日(土)と20日(土)の2回
生きたふくろうに出会えます。

たくさんのふくろう達に囲まれた
「幸せのふくろうがいっぱい展」は
今月25日(水)まで。
様々な素材でできたふくろうにも出会えます。
幸せを
皆様にぜひお分けしたいと思います。