西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.232
photo


1月10日(木)  曇


朝から天候がはっきりせず
富士山は雲の中…。
昨日は夕焼けが見られたのに
ちょっと残念な朝迎えました。

今日は小正月の風物詩
「だんごばら」を作りました。
「だんごばら」は、
やまぼうしの木に餅や団子を飾り
五穀豊穣や商売繁盛を願うもの。
特に養蚕を生業としていた地域は
「繭玉飾り」とも言い、
繭を模った団子を飾って
蚕繭の豊作を願いました。
養蚕にまつわる風習がこのように残っているのは
繭による収入が
家計の大きな支えになっていた地域にとって
繭の善し悪しが死活問題で
神様にもすがる思いが強かったのではないか?
なんてと思いました。

そんな古の思いを胸に、
だんご作り開始!
だんご作り開始!
さすが、人生の諸先輩方…。
熱湯でこねる手つきは
感心するばかりでした。
白色バージョン
まず、白色バージョンを作り
投入!!
ゆで上げ。
次に紅色バージョンに取り掛かり
紅色バージョン
ゆで上げ完了したものを
早速飾り付け。
飾り付け
大きな木だったので
床に置いたまま飾り付けました。
白色、紅色、キンカンを枝にさし
だんごばら完成!
いよいよ完成!

昔からお願い事に関係したモチーフを飾るのだから
ちょっと許されるかな…と思い、
2013年がもっと、もっと笑顔になるよう
干支とハート?!
干支の「巳」と「ハート」
そして、
皆様に希望の光がさし続けるよう
夜空に輝く星?!
「星」をかたどったお団子も飾りました。

小正月のイベントは
1月12日(土)から14日(月・祝)まで
各棟の「だんごばら」の飾り付け、
古代米のお餅つきや甘酒の振舞い
獅子舞の登場などで
皆様をお迎えします。

干支とハートと星のお団子、
さぁ、どこに飾ってあるか探してみて下さい!