西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.229
photo


1月1日(火)  晴


あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
新年にふさわしく、清々しい朝を迎えました。
初日の出

まず、仕事初めの鏡開きから…。
鏡開き
今年も
訪れたお客様に笑顔になっていただこう、と
スタッフ一同再確認しました。

お正月イベントでは
地酒「甲斐の開運」
名前から縁起の良い
地酒の「甲斐の開運」の樽酒をふるまい、
お酒が飲めない方に
今年は、甘酒も用意しました。
甘酒
甘酒で使用している酒粕も
もちろん「甲斐の開運」。
味わい深いと評判も上々です。
何と言っても
いやしの里でははずせない
地元産古代米を使ったお餅つき。
古代米入りお餅つき
興味津々
たくさんの方の手を借りながらついたお餅は
男性の力

超若手の力
“きな粉”と“あんこ”をまぶして販売。
つきたてもお餅に長蛇の列。
全員に行き渡らないまま、販売終了となりました。
本当にごめんなさい…<(_ _)>
他にも縁起物の獅子舞が里内に登場!
縁起物登場
未来に向かって
未来に向かって…
「苦難が去る」と言うこれまた縁起物の「さるぼぼ」と一緒に
さるぼぼと共に…
皆様の苦難を食べています。
かぷッ!!
いやしの里のアイドル?!ヤギたちにも
「今年も共に盛り上げよう」と誓い合うスキンシップ。
(避けられていると言う雰囲気も見受けられますが…(^^ゞ)
スキンシップ
いやしの里から
幸福のエネルギーを発信しています。
もし、獅子舞に出会ったら
「がんばって!!」と応援して下さい。
さらに元気になると思います。

お正月イベントは
1月12日(土)から14日(月)までの小正月にも
甘酒のふるまいやお餅つきで
お客様をお迎えします。
また、“だんごばら”の飾り付けで
古の風景を演出し、
お客様の安全を一緒に願う予定です。

2013年が皆様にとって
巳のある年、いや実のある年になりますように…。