西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.202
photo


9月9日(土)  晴

コスモス開花
今日は「九九(くく)の日」
掛け算を改めて見直そう!と意識する日
だと勝手に思っていたら
「救急の日」とのこと。
"あ〜なるほど…”
ちょっとあさはかな考えでした。

今日も里内に
二胡と三線の音色が響きました。
心のこもった演奏
心のこもった演奏
本日ご来場をご予約されていた
視覚障がいをもたれたお客様が
以前下見にいらした時のこと。
思い出作りになるような体験をしたい、
というお話をされていた時、
ちょうど耳に入ってきたのが
二胡と三線の音色。
耳から入る音楽なら
誰でも受け入れられる
とのことから
ぜひこの日も演奏してほしい
というラブコールがあり実現したものです。
演奏では終始手拍子。
聴衆も演奏者!
演奏後も
即席講習会が行われるほど
盛り上がった演奏会でした。

出会いというのは不思議なもの。
この演奏会も毎日おこなっているわけではなく、
下見をされていた方も
偶然演奏時間に来場されました。
また、いくら来て欲しくても
演奏者のスケジュールが合わなくては
実現しないもの…。
「何かをしたい」
という強い思いは
色々なチャンスを引き寄せるものなのか?
と改めて感じました。

ここいやしの里が
出会いの場所になったことが
更に嬉しく
人とはもちろん
木々を通る風の音や
富士山と民家の景色
土の匂いや虫の声
これからも
様々な出会いのお手伝いができたら…
そんな思いをもった一日でした。

長期予報では雨の予想だった今日、
雲に隠れた富士山
なんとか青空が見えています。