西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.186
photo


6月16日(土)  雨のち曇


「雨なので、飴をどうぞ!!」
雨の日の飴
雨で足元の悪い中に来て下さったお客様に
何か感謝を表す方法はないか?
とスタッフ一同考えたおもてなしの一つです。
差し上げている「飴」は甲州名物「甲斐玉」。
和菓子の名店「竹林堂」の初代の方があめ玉を考案し
明治42年全国物産品評会に出品したところ
「滋養豊富」「風味まろやかなり」
と絶賛を博し金賞を受賞。
大正3年信玄公が従三位を追贈されたのを機に
甲斐の国、信玄公の遺徳を偲んで
『甲斐玉』と命名。
以来甲州名物として取り扱われている商品です。
今日はそのおもてなしの第一日目。
晴れていても、雨が降っていても
やはりお客様の笑顔に出会えることが
私たちスタッフの願いです。

もう一つ
「お客様に笑顔とパワーを…」
毎年6月の第三日曜日に行われる「西湖ロードレース」
新緑の樹海と神秘の色をたたえる西湖畔を走る
マラソン大会に参加する選手の方々を応援したい、と
“西湖ロードレース選手歓迎会”を行いました。

地元古代米を使ったお餅つき。
古代米入りお餅つき
お越し下さった選手の皆さん、
鍛えた足腰で!
応援で訪れたご家族も
子ども達も参加
一緒についてくれました。
つきたてのお餅に
「あんこ」と「きな粉」をまぶして皆さんへ
『力餅」としてふるまわせていただきました。
この他に生ビールや
生ビール
自家製の漬け物
自家製漬け物
特に人気のあった『小芋の味噌煮』。
小芋の味噌煮
大鍋いっぱいに用意したイモも
あっという間になべ底が見える状態に…。
民宿の女将さんから
いやしの里で歓迎イベントがあることを教えてもらった、
という男性のグループの方々は
くつろぐ選手の皆さん
「来年はもっともっと仲間を増やして参加しますよ」
と言って下さいました。
くつろぐ選手の皆さん

明日の本番、
レース中の天候が
あまり良くない予報ですが
参加される選手の皆さんが
ケガ無く、最後まで走りぬき
笑顔いっぱいで一日が過ごせることを
祈っています。




Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved