西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.177
photo


5月4日(金)  曇(通り雨あり)

ゴールデンウィーク後半2日目。
花吹雪で車についた桜の花びらが
春を演出してくれていたので
あえて、とらずに出勤しました。
いやしの里の遊歩道と同様、私の車は、桜模様です。
枝垂桜と水車

今日もいやいしの里はイベントが・・・。
古代米の餅つきと柏餅作りの体験教室のほか
「ちびっこ広場」にて
立川市から来て下さった
"ハッピーチャイム”の皆さんによる
トーンチャイムと
國學院大學久我山高等学校
音楽部の皆さんによる混声合唱の
ミニコンサートが行われました。
トーンチャイムとは
トーンチャイム
ハンドベルの兄弟のような楽器。
ハンドベルと同様
演奏中!
一人一人が奏でる音がが一つに重なった時
心を合わせて…
素敵な音楽が完成します。
今日はその柔らかい音色を活かし
「とおりゃんせ」
「ヴィヴァルディ作曲 四季“冬”より ラルゴ」
「夕焼け小焼け」
の3曲を演奏していただきました。

引き続き
高校生の元気な歌声が里内に響きました。
5月に入り、ここ根場地区で合宿を行い
その集大成として
ここいやしの里で演奏して下さいました。
これから始めます!
まず、皆で「校歌」斉唱。
合宿の集大成!
引き続き
「みんなで歌えば」「輝く夏の日に」を合唱。
がらっと雰囲気を変えて
男声合唱による「宇宙戦艦ヤマト」
男声合唱
勇敢な雰囲気を変え
次は女声合唱による「優しさに包まれたならば」
女声合唱
「魔女の宅急便」の映像が思い出されました。
最後は混声合唱で
「夜空のムコウ」
何かに一生懸命取り組む若者達に
感動を覚え
ちょっとうらやましくも感じました。

今日は、耳から春のさわやかな音が入ってきました。
桜の花びらを散らす風の音
杵が餅をつく音
柏餅を作る子ども達の歓声
トーンチャイムの心安らぐ音色
そして
里内に重なり合って響く歌声・・・。

明日はどんな形で
季節を感じられるでしょうか・・・。















Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved