西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.176
photo


5月3日(木)  雨

ゴールデンウィーク後半のスタートはあいにくの雨。
朝方までは強く降っていましたが
少雨になりました。

4月28日から始まった「いやしの里の端午の節句」イベント。
今日から3日間はイベント目白押し。

まず、いやしの里の名物になった
地元産古代米を使ったお餅つき。
古代米餅つき
今日はあいにくの天気のため
ちびっこ広場あずま屋
ちびっこ広場内のあずま屋で行いました。
子ども達にはちょっと重荷の杵にふりまわされながらも
小さなつきて
一生懸命ついてくれました。

一方、いつもなら囲炉裏端で
囲炉裏端
自前のお漬け物とお茶でもてなす
「くつろぎ屋」では
地元のおばちゃん(あえてこう呼ばせてもらいます(^^ゞ)
が先生となって
まち子先生
柏餅作りの体験教室を行いました。
端午の節句には欠かせない柏餅。
「柏の葉」は
新芽が出ないと古い葉が落ちない
と言う特徴があるので
これを
「子供が産まれるまで親は死なない」=「家系が途絶えない」
と言う縁起に結び付け
「柏の葉」=「子孫繁栄」
との意味を持つそうです。
先人の教えにはいつも感心します。

そんな思いを知ってか知らないか
真剣な眼差し
年齢問わず
ワクワク!
皆さん楽しんでいただいたようでした。
どんな風に出来あがるかワクワクしてると
完成!
10分ほどで蒸し上がり、
お持ち帰り用に詰めながらも
美味しそうな湯気に
思わずパクリ!
思わずパクリとかじってしまった子ども達。
「美味しい!美味しい!!」
その笑顔に
私も思わず顔がほころびました。

また「ごろ寝館」では
ごろ寝館
武田信玄や重臣に扮した
「風林火山 甲斐の虎武将隊」の皆さんによる
「おもてなし演武」が行われました。
出陣準備OK?
朝から雨が降る中、
武田信玄のパワーなのか
まちわびる観衆
開演直前だけでしたが、奇跡的に雨がやみ、
武田信玄や山県昌景に扮したメンバー5人が
各武将の紹介や演武を披露。
最後に、
「いやしの里特製古代米のみたらし団子が美味しかった」
と、さりげなくいやしの里を紹介しつつ、
「昨年登場した富士五湖6個目の幻の湖は?」
「これから美味しくなる、山形県に次ぐ生産量の赤い果物は?」
など、山梨観光もPRしました。
甲斐の虎武将隊
訪れた方々との記念撮影は
順番待ちの列ができるほど。
記念撮影をする方々の笑顔は
今日の雨雲を吹き飛ばしてくれそうでした。
雨が降っていなければ
茅葺民家の集落の中を練り歩き
古の日本の雰囲気を
醸し出してくれたかもしれません。

ゴールデンウィーク後半戦1日目
様々なイベントで
思い思いの過ごし方で
お楽しみいただけれいれば
私たちも嬉しいです。







Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved