西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.155
photo


1月8日(日)  晴れ


街中で
晴れ着を着た新成人に出会いました。
今日式典を行う地区が多いようです。
成人式おめでとうございます。

今日は小正月の風物詩
「だんごばら」を作りました。
だんごばら作り
だんごばらは
やまぼうしの木の枝に餅や団子をつけて
五穀豊穣を祈願する飾りで
紅白の団子たち
特に
養蚕地帯では「繭玉」と称し、
繭をかたどったものを飾ったそうです。
「今年もいい繭がたくさんとれますように」
と祈ったのでしょう…。
「どんど焼き」で焼いて食べるのが
昔の習わしでした。
艶やかな湯であがり
どんど焼きで焼いた団子を食べると風邪をひかない
とはよく聞きますが、
私は、「花より団子」
(ちょっと意味が違うかな?!)
米粉で作ったお団子を
砂糖醤油をからめて食べるのが
小さいころから好きでした。

スタッフ総出で作ったお団子を
木にさしていきますが、
お客様にも手伝っていただき、
お客様の手を借りて
こんなににぎやかになりました。
飾り付け

飾り付け
昔もこんなふうに、大黒柱にくくりつけたようです。

このような風習は
だんだん見られなくなってきましたが、
ここ「いやしの里」に来ると
懐かしい行事が見られるよ、
なんて話題になり、
では、我が家でも真似してみようか、
なんて
各家庭でもそんな景色が甦れば
嬉しいです。






Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved