西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.152
photo


1月2日(日)  晴れ


富士山
明けましておめでとうございます。
今年も
皆さまに愛される場所を目指していこうと面います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ここいやしの里は
四季折々の年中行事で
お客様をお迎えしています。
三が日は
新年を祝う行事を行いますが、
獅子舞
まず獅子舞がお出迎え。
「風邪をひかずに、勉強にがんばれますように…(^^ゞ」
と、子どもたちの頭を
パクッ!!
「パクッ!!」
と噛んで、厄をはらいました。
また、いやしの里の名物となりつつある
地元産古代米を使った餅つき。
ふかしたての餅
黒米や赤米が入っているので少し赤くなっています。
その、もちもちとして触感は
やみつきになります。
観衆の掛け声とともに
皆で掛け声
餅つきが始まり、
子どもたちが応援
子ども達も応援してくれました。
獅子舞も傍らで
獅子舞も傍らで応援!
太鼓でも応援
地元も子ども達も
太鼓などで盛り上げてくれました。
集まって下さった観衆
こんなに大勢の観客に見守られ
古代米のお餅がつきあがると
つきたてもお餅
「あんこ」と「きなこ」をまぶして販売。
出来あがる前から
お待ちかね
長蛇の列ができました。

また、餅つきと同時に
甲斐の開運
地酒「甲斐の開運」の樽酒も用意。
名前からしてとっても縁起の良いお酒です。
味も「口当たりがとっても良い!」と好評でした。
(ちなみに地酒はRおもいでやにて販売しています(^^ゞ)
もちろん味はお墨付きですが
笑顔でお客様へ
ふるまっていたスタッフも
良かったのだと思います(笑)

元日早々、
関東地方を中心に地震がありました。
少し怖い思いをし、
眉間にしわをよせてしまった時間もありましたが
「一年の計は元旦にあり」
と言うように
笑顔でスタートする事が
笑顔で過ごす一年になるのだと
私は勝手に思っています。

今年は皆様に
たくさんの笑顔の花が咲きますように・・・。













Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved