西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.149
photo


12月13日(火)  晴れ


かつて営まれていた農村生活の再現を目指している
「西湖いやしの里根場」。
少し休んでいた炭焼き窯に
久々に火が入りました。

炭焼き窯

久々の炭焼き
炭焼きは以前の根場集落の主産業の一つでした。
煙がたちあがると
里内に漂う煙
いぶされた木々の匂いが・・・。
生活の匂いです。
久々の作業だったせいか?
富士河口湖町内の観光施設を巡る
レトロバスの運転手さんから
「いやしの里付近が火事ではないか?」
と心配されてしまいました。


朝、里内に足を踏み入れた時
霜柱が砕ける音、
薄くはった氷が割れる音、
太陽の光をあびて、夜露がキラキラ光る木製ベンチなど
冬の表現が増えてきました。





Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved