西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.141
photo


10月26日(水)  晴


朝は雲がかかっていた富士山も
柿と富士山
お昼には
すっかりベールを外し
その姿を見せてくれました。
受付前の柿の木も
たわわに実がなっています。

総合案内所前の柿の木の葉
柿の木とドウダン
すっかりこの時期らしい
暖かい色になりました。
柿の実も美味しそうなオレンジ色。
でも、残念ながら
この地では甘柿がなりません。
気候のせいでしょうか?
渋柿になってしまうのです。
渋柿は焼酎につけ「さらし柿」にします。

一粒前の大きなモミジとイチョウは
モミジとイチョウ
その先端の色を変え
朝晩の冷え込みに耐え忍んでます。

場所によって色の差がありますが
日に日に色の変化が見られ
毎日楽しみです。








Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved