西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.96
photo


1月7日(金)  晴れ

吹く風が頬をさし
「寒い」という言葉ではなく
「痛い」という表現が合うような気がします。

今日は小正月の風物詩
「だんごばら」作りを行いました。
だんごばらづくり

「だんごばら」は
やまぼうしの木の枝に餅や団子をつけて
五穀豊穣を祈願する飾り。
特に養蚕地帯では
”繭玉”と呼んで
繭をかたどったものを飾ったそうです。

だんごばらづくり
飾った団子をどんど焼きのたき火にくべて食べると
その年は風邪をひかない
と言われたことを思い出しました。
地域によっては
虫歯にならない
とも云うそうです。
子どもたちの助けを借り
飾り付け
白や赤の団子を枝にさし
完成!
完成しました。

徐々に薄れつつある昔の風習。
ここいやしの里に来たら
ちょっぴり懐かしい風景を見ることができたよ
と話していただけると
私たちも嬉しいです。






Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved