西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.77
photo


9月18日(土) 晴れ


里内のコスモスが色鮮やかです。
コスモス


今日から「いやしの里のお月見」企画が始まりました。
メインとなる餅つきは
案内看板
地元古代米研究会の皆さんのご協力で
盛大に行われました。

餅つきに興味を示す子どもたちに
餅つきをする親子
手を貸す大人たちですが
餅つきをする親子
なんだか子どもたちより楽しんでいる様子。

こちらは海外からお越しのお客様ですが
餅つきをするお客様
「ぺったん、ぺったん」
と、とっても良い音が響いていました。

つきたてのお餅は
つきたてもお餅
研究会の皆さんにより
お餅変身!!
「きなこ」と「あんこ」がまぶされ
きなことあんこ
一皿100円で販売されました。

つきたてもお餅を求め長い行列。
長い行列
「数に限りがございます」
とご案内する声が
申し訳なさ過ぎて
だんだん小さくなってしまいました。

餅つきが行われたちびっこ広場では
「古代米」のPRや
古代米
販売・試食も同時に行われました。
古代米の販売
配合はお好みですが、
1合の白米に大さじ1杯の古代米が目安。
試食
少量の古代米で
お赤飯のように色がつきますが、
もちもち触感と栄養価が高まります。

少し前まで
私のお弁当も
古代米のお世話になっていました。
そろそろ追加購入しないと…。


餅つきは
「いやしの里のお月見企画」
開催期間10月17日(日)までの
土曜日のみ
午前11時と午後2時の2回
実演・販売されます。

芸術の秋とともに
食欲の秋も
いやしの里でお楽しみください。







Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved