西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.37
photo

12月22日(火)  晴れ、しかしとても寒い・・・


富士山の雪化粧も
だいぶ下まで降りてきました。
遠目から見ると穏やかですが
先日大きく報道されたようなニュースを耳にすると
日本一の厳しい山であることを再認識させられます。

受付付近からの富士山

もうすぐクリスマス。
いやしの里にはちょっと似つかわしい風景ですが
サンタさんがいやしの里にやって来ました。

律儀に受付に挨拶し
入場券を求める?サンタ

入口で記念撮影?をしました。
入口にて記念撮影?

「メリー・クリスマス!」の声に
来場者の方々も思わずにっこり
「メリー・クリスマス!」と返して下さっていました。
今日もまたほっこりした気持ちになりました。


今日は陽がさしてはいるものの
肌をさす風が痛いくらい。
養蚕資料館に立ち寄ってみると
囲炉裏に火が入れられ
囲炉裏
笑顔のおばちゃんが
「どうぞ上ってゆっくりしていって下さい」
と声を掛けてくださいました。
囲炉裏に手をさしだしていると
体がじわじわ融けていくような感じになりました。

「自家製の漬物ですからお茶と一緒にどうぞ!」
という声に振り返ると
手作りの漬物
麦茶と一緒に美味しそうな漬物が目に入りました。

「保存食として春まで食べる分を漬けるんですよ。
今日は大根と鳴沢菜の漬物。
ここの当番は5人で交代なので
それぞれの家の味が楽しめるんですよ」
と、生き生きとした口調で話してくれました。

里内の「養蚕資料館」と「くつろぎの館」では
地元のおばちゃんたち
(親しみを込めてあえてこう呼ばせていただきます)が
手作りのおもてなしをして下さっています。

自分が作ったもので
人をこんなに幸せな気分にできるなんて
ちょっと早いクリスマスプレゼントを
いただいたような気がしました。




Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved