西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.31
photo

11月2日(月)  晴れ

明日は文化の日。
「芸術の秋」真っ只中。
皆さんはどのような芸術の秋に触れましたか?

いやしの里では毎月
山梨県内の芸術家さんたちの短期作品展を実施していますが
今月は「木とガラス絵の世界」と題し
花嶋ご夫妻の作品がご覧いただけます。
私も早速拝見させていただきました。

木工作家のご主人は
三鷹の森“ジブリ美術館”カフェの家具製作も手掛けられたそうです。

家具たち

家具たち

家具ばかりではなく
木の小物たち
小物たちも
木のぬくもりを発しています。

今回の目玉??作品
木製トランク
木製トランクです。
「初めて手掛けたんですが、重いのが難点です・・・」
と、少しはにかんだご主人の様子が
ぬくもりのある作品を象徴しているようでした。

木工作品だけでなく
ポストカード
奥様の手掛けた水彩画のポストカードも
目にとまりました。

たくさんのガラス絵の中で
ひときわ目をひいたのが、海を表した作品。
ガラス絵
ガラス絵の作品をより引きだたせている額はご主人の作品で
それぞれの作品に合ったデザインで
作るそうです。
ご夫婦の思いが一緒になった作品たちが
ご覧いただけます。


花嶋ご夫妻による「木とガラス絵の世界」は
11月16日(月)まで。
心温まる二人展を
多くの皆様にご覧いただきたいを思いました。







Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved