西湖いやしの里根場

いやしの里日記 Vol.24
photo

9月19日(土)  曇


すっかりごぶさたしてしまいました。
気づけばシルバーウィーク突入です。
いやしの里の風景も変わり
コスモスが満開です。

コスモス


9月12日から始まった「いやしの里のお月見」企画。
今日は「いやしのオカリナ演奏会」が行われました。

オカリナ
全国で100本ほどあるそうですが
演奏者は10人ほどしかいないという
“三連オカリナ(トリプレット)”を演奏してくれました。
三連オカリナを使うと、
今まで演奏できなかった
フルートやヴァイオリンの曲も
演奏できるようになるそうです。
今回は「川の流れのように」や「ヘッドライト・テールライト」
を聴くことができました。
※三連オカリナは画像右上、タオルの上に置かれたものです。


オカリナ奏者の舟久保さんは、演奏だけでなく、
オカリナの歴史や音域の話
音色の違いなどを分かりやすく説明してくれました。
オカリナ演奏会

3回行われた公演では、各回異なった演奏曲目。
里の秋、赤とんぼ、学生時代、コンドルは飛んでいく・・・
歌詞を口ずさんだり、手拍子をしたりと
演奏者と観客が一体となった演奏会でした。
朗読つきの「千の風になって」では
真剣に聴き入っているお客様の眼差しが印象的でした。


休憩中、ちょっとお得な出来事が・・・。
オカリナ演奏会
この時季にぴったりの曲「秋桜」を聴かせてくれました。
独り占めです・・・。
オカリナの音色が
嫁ぐ日の娘と母親の情景を
しみじみ感じさせてくれました。








Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved