西湖いやしの里根場

PREVIOUS いやしの里日記 Vol.18 NEXT
photo

7月14日(火)  曇

関東甲信越地方では梅雨明けとなりました。
例年より6日早いそうです。
里内の花豆の花が咲いています。

花豆

昨日から始まった「いやしの里3周年町民感謝週間」
7月20日(月)までの8日間
様々なおもてなしで皆様のお越しをお待ちしています。
そして、
いやしの里の新たな魅力を感じていただければ
大変嬉しいです。


「くつろぎの館」では
囲炉裏に火をおこし、
訪れた方々にお茶をふるまっています。
田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家を訪ねたように
のんびりとした時間を過ごしていただいています。

くつろぎの館

また、地元産古代米から「ぬれせんべい」を作る過程が
ご覧になれます。
焼く時の香ばしい匂いがたまりません・・・!!


「砂防資料館」では
ガイドボランティアさんによる
この地区の歴史や自然災害の恐ろしさ
砂防工事の大切さの説明を受けることが出来ます。

砂防資料館
根場の災害と今の砂防工事の有益性を
模型によって再現する実験コーナーもあります。


「養蚕資料館」でも
囲炉裏に火をおこし
お茶をふるまっています。
伝統工芸スズ竹ざる作りの実演や
6月中旬に実施した養蚕のVTRを
ご覧いただくことができます。

養蚕資料館

桑を懸命に食べるおかいこさんの愛くるしい光景に
来場された方も見入っていました。

スタッフも驚きの出来事・・・
現在開催中の「いやしの里の七夕まつり」の笹竹に
お客様の短冊とともに飾った繭から
つがいで蛾が誕生しました。
茶色がオスで、真っ白がメスとのこと。

雄 雌

もしかしたら
このいやしの里から子ども?が誕生するかもしれません。
温かく見守りたいと思います。

また、養蚕資料館を出るとそこから
現在建築中の建物の様子を垣間見ることが出来ます。



「いやしの里3周年記念 町民感謝週間」は
7月20日まで。
皆様のお越しをお待ちしています。



Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved