西湖いやしの里根場

PREVIOUS いやしの里日記 Vol.8 NEXT
photo

5月6日(水)  雨

ゴールデンウィーク最終日は
あいにくの雨になってしまいました。


「いやしの里の端午の節句」を開催中ですが、
「こどもの日」特別企画として
5月3日から6日まで
『ふう爺さん』の紙芝居を上演しました。

ふう爺さん紙芝居

この「ふう爺さん」は、
富士山が見える平和な茅葺民家集落を襲った
土石流災害によって甚大な被害を受けた
根場地区の歴史を
後世まで語り継ぐことを紙芝居にした
フィクション作品です。


語り手

語りは、
里内でガイドボランティアをしている方
スタッフの家族の方などが
快く担当して下さいました。

それぞれの立場で
それぞれの思いを込めて
語っていたように感じました。
聴衆1 聴衆2
大勢の方が耳を傾けてくれ
大盛況のうちに終了しました。


この紙芝居の作成には
富士河口湖町在住で、
TVまんが日本むかしばなしにも登場したことのある
前田康成先生が絵を、
前田先生と望月幸子先生が
物語を制作してくださったそうです。



この忌まわしい出来事を乗り越えた
先人たちの苦労や歴史が
多くの方に伝えられたら・・・と思いました。



Copyright Fujikawagutiko Town,All Rights Reserved