西湖いやしの里根場

Saiko 'Iyashi no sato NENBA'
iyashi
TOPページ < いやしの里 概要
施設案内
内容・概要
いやしの里日記
募集告知
いやしの里基金
インターネット割引券
場所・アクセス
ライブカメラ
TOPページ

西湖いやしの里 概要

富士を望む風光明媚な里に「日本のふるさと」というべき「農村風景」が甦る

 かつては美しい富士を背に茅葺き屋根が並んでいた西湖畔の根場地区。 しかし、昭和41年の台風災害で壊滅的な被害を受け、その姿は過去のものとなってしまいました。
 時は流れ、平成15年に合併してできた富士河口湖町では、そんな日本の原風景である茅葺き屋根の集落を甦ら せようと、「西湖いやしの里根場」創設事業に着手しました。
 2006年(平成18年)7月15日に第一期オープンし、その後計画的に整備を重ね、茅葺民家も20棟に増えて、2010年(平成22年)4月1日、リニューアルオープンを迎え、「日本のふるさと」とも云うべき、かつての根場地区の、のどかな農村風景を再現しました。
 無料になった駐車場から木質性チップ舗装で整備された遊歩道を少し歩いていただきますと、
20棟の茅葺き集落が皆様をお迎えします。
 3軒の食事処に、手作り体験のできる5軒のお店、2軒の地場産品を販売するお店に、工芸家の皆さんの作品が展示されたり、ゆっくりくつろげる建物、昔ながらの炭焼き小屋に水車、日によっては「スズ竹細工」の実演や「絵手紙教室」が開かれたり、昔の遊び道具で自由に遊べる「ちびっ子広場」など、多彩な施設で色々な楽しみ方ができます。
 さて、何をして楽しみましょうか・・・?

ありし日の西湖畔根場地区(昭和13年岡田紅陽氏撮影の根場集落と富士山)
1966(昭和41)年以前の風景 2004(平成16)年の風景
2005(平成17)年秋の風景 2005(平成17)年春の風景
2006(平成18)年第一期オープン 2010(平成22)年春の風景


茅葺き建築物は段階的に整備され、平成18年に計11棟で第1期オープン、 平成19年に計15棟、平成20年に計18棟、そして平成21年で20棟の集落 になりました。
個々の建物では、伝統工芸の体験のほか、資料館、地場産品 の買い物、食事などが出来る様になっています。